excitemusic

5年間の遠距離恋愛を経て、2007年は親の反対を押し切って、駆け落ち世界一周旅行しちゃいました(笑)2008年はボチボチ国内旅行中♪
by maemuraheritage
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
muraさん’sブログもよろしく☆
『hideよ、世界へ飛び出せ』
http://ymworld.exblog.jp/
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:世界遺産 ( 24 ) タグの人気記事

11月17日(土) 歳だな・・・

歳だな・・・
太腿の痛みが取れません

ぎこちない歩き方をしながらLAN航空のオフィスに行って、
次回のフライト「リマ→NY」を予約
11月25日で2人旅南米編は終了になります

午後からはクスコ市内を見学
まずは庶民の台所、
mae&muraの胃袋の見方である市場へ

その後は「サント・ドミンゴ教会」へ
この教会のある場所には、
インカ時代には黄金の装飾がビッシリと施された神殿があったらしいのですが、
スペインがインカ帝国に侵入した際に神殿は基礎の部分を残して破壊し、
跡地に新たにスペイン様式の教会を建て、
黄金は全て本国へ持ち去ってしまったらしい
それでその黄金の量がどれぐらい凄かったかというと、
持ち帰った黄金が市場に出回った時には、
ヨーロッパ中がインフレに陥ってしまったとか?!
一目でいいから、
破壊される前の黄金に輝く神殿が見てみたいですよね・・・(^^;)

最後はインカ時代の建築技術の高さを語る上で必ず出てくる、
「かみそりの刃1枚すら通さない」という言葉を証明する場所
「12角の石」&「14角の石」
f0019622_8453874.jpg

f0019622_8455698.jpg


機械ならまだしも、
職人さんの腕だけで1つの石を多角形に切り出して、
しかもその周囲の石ともぴったりと組み合うように作り上げる技術の正確さに驚き!!!
[PR]
by maemuraheritage | 2007-11-17 08:43 | PELU

11月14日(水) マチュピチュ


バラッバラッバラバラバラバラ~

ハッ( ̄д ̄∥)

雨や・・・
今日は念願の世界遺産『マチュ・ピチュ』を見に行く日なのに、
早朝大雨が降ってきてしまいました・・・

どうしよう今日行くべきか行かざるべきか・・・

一応明日も予備日として予定を空けてはいるのですが、
なんせペルーは今が雨季!
「今日がダメでも明日は晴れる」とは言い切れないので、
カッパを着て雨天決行~☆

バスでマチュピチュのすぐ側まで行って、
入域料を払ってゲートをくぐり、
長年夢に見続けたマチュピチュを・・・
スルー(通過)!!

肝心のマチュピチュは、
雨は上がったもののまだ辺りは濃い霧に包まれていて、
何が何だか判別できず・・・

それ以前に行かなければならない場所が!

そこはマチュピチュのすぐ横に聳える『ワイナピチュ』という山
マチュピチュの全景を見下ろすことが出来るスポットなのですが、
近年観光客の増加に伴って遺跡や登山道の破壊が進んできているため、
入山できる人数に制限が設けられているのです
しかもマチュピチュを見下ろせる絶好の位置をキープするには、
多少早起きが辛くても早めに行くに越したことはない!

ワイナピチュへの登山道は結構キツイ!
時間にすると50分程度なのですが、
標高約1,500mの地点からの登山は息が切れやすい上に、
ロープを手繰り寄せながら絶壁を登らなければ行けない部分もあって、
50m進んでは休憩をして・・・といった感じ
f0019622_830559.jpg


でも、
それだけ苦労して登る価値はある!!!
足元の遥か下に雲海が広がっていて、
その雲海が徐々に晴れるとともに、
じわりじわりとマチュピチュの全景が姿を表してくれました
f0019622_8312516.jpg

噂通り、
『天空の城 ラピュタ』が存在するなら間違いなくこんな感じなんだろうなぁ

小1時間ぐらい上からの景色を楽しんだ後、
登ってくるときの霧がすっかり晴れた絶景を楽しみながら下山

もうしんどいことはないだろうと意気揚々としていると、
『Great Cave』と書かれた分かれ道を発見
せっかくマチュピチュまで来たんだから、
mae:「ついでに見に行ってみるかぁ~?」
と思ったのがマチガイ・・・
40分下って1時間かけて戻ってくるという、
自らの疲労に拍車を羽目になりました(;_;)トホホ・・・

余計な寄り道をしてしまったがために、
膝ガクガク&足元フラフラの状態でようやくメインのマチュピチュの見学へ

f0019622_8362846.jpg

午前中山の上から見下ろしていたのと、
実際に遺跡の中に立って見るのとではまた一味違って見えるもの

山の急斜面でも効率よく食物を栽培するために工夫された段々畑の整った美しさ、
かみそりの刃1枚たりとも通さないという石を研磨する技術の巧みさ、
谷底の川から水を汲み上げる方法を編み出した知識の深さなど、
感心させられることが多いの何の!!

子供の頃から行ってみたいと思っていた場所に来られた達成感や幸福感・・・

旅って素晴らしい☆
[PR]
by maemuraheritage | 2007-11-14 08:36 | PELU

11月10日(土) 回復の兆し

クスコに来て3日目
ようやく標高に身体が慣れてきたのか、
頭痛は軽減&食欲回復傾向♪

歩いて20分ぐらいの市場に行ったり、
近所のネット屋さんまで歩くことができました(^▽^)

クスコに着いた日は気分が悪くてよく見てなかったのですが、
今日改めて街を見てみると、
インカ時代の石垣や石畳が残っていたり、
スペイン統治時代のカテドラル(教会)もあって、
ちょっと路地を入ればカラフルなお土産物屋さんが軒を連ねていたり、
高台から街を見下ろすと見渡す限り赤茶色の屋根が広がっていて、
人々の集まる広場には緑豊かな庭園と噴水のある、
とても奇麗な街!!
f0019622_17121256.jpg

世界遺産に登録されているだけあります


まだ本調子ではないのですぐに息が上がってしまいますが、
調子が戻ったらあっちこっち歩き回ってみるぞ~い♪
[PR]
by maemuraheritage | 2007-11-10 06:17 | PELU

11月5日(月) 遺産より肉まん!

日付が変わって間もなくリマに到着

このまま宿に行ってしまおうかとも思いましたが、
ビビリのmae&muraは「夜中にタクシーに乗るなんて・・・」と怖気づいてしまったので、
そのまま空港のロビーで一夜を明かすことに決定!
眠い目をこすりながら交代で仮眠をとりつつ朝を待ちました

朝になってタクシーを拾ってお宿にチェックイン!

一休みしたらいざ街中へ
街は排気ガスやら砂埃やらで淀んだ霞がかかったスッキリしない天気・・・
一応旧市街の街並みは世界遺産に登録されているものの、
霞のせいでいまいち華やかさに欠ける印象・・・

ちょっと肩透かしを食らった感を感じながら中華街に行くと・・・
こちらは平日にも拘らず大盛況!!
mae&muraは肉まん、春巻き、餡まんを次々に食べてすっかりご機嫌に♪
花より団子、遺産より肉まんです(≧▽≦)

街中まで出てきた帰りに、
次の移動のためのバスチケットを購入
リマは今までの町と違って長距離バスターミナルという場所が存在しないので、
自力でバス会社を1件1件回って値段や時間をリサーチしなければならず、
かなり疲れた・・・

宿の近くで晩ご飯食べたらさっさと就寝!
あぁ、疲れたっ(@_@)=З
[PR]
by maemuraheritage | 2007-11-05 06:10 | PELU

10月31日(水) モアイ、モアイ、モアイ!

モアイ三昧のドライブに出発~v(≧▽≦)

やや雲は多いけど、
暑すぎず寒すぎずのドライブ日和!
運転手のmuraさんはケープタウン以来半年ぶりの運転、
しかも人生初の左ハンドルのマニュアル車!!
始めはカチコチの顔でぎこちなく運転してましたが、
最初のモアイに着く頃には慣れてきたらしい♪

道は未舗装のガタガタ道ですが、
海沿いをずっと走るので開放感満天&気分爽快!

f0019622_5522434.jpg

↑海を眺めて並ぶ7体のモアイ
はじめからモアイの集団を見れてテンション急上昇!!

f0019622_5524993.jpg

↑作りかけのプカオ(モアイの頭の上に乗っている帽子みたいなやつ)
記念にmuraさんも乗っけてみる・・・デカイ・・・

f0019622_553466.jpg

↑プカオを乗っけたモアイの皆さん
先ほどプカオを乗せてみたmuraさんと比べると、
やっぱりモアイはデッカイんだと実感!
ちなみに島内にある887体のモアイの平均身長は4m、
平均体重は12,5tらしい

f0019622_5532359.jpg

↑日本でモアイが有名になったきっかけとなる修復作業を行った、
15体のモアイが一列横隊を組んでいる場所
記念にmae&muraも加わってみました~☆

f0019622_5534472.jpg

f0019622_5535964.jpg

↑モアイ製造工場と呼ばれる山
島中の全てのモアイはこの岩山を削って作られ、
それぞれの場所まで運ばれていったらしい
全部で397体の作りかけのモアイが残されています
今にも歩き出しそうで怖い・・・



いやいや~、
約6時間のモアイ!モアイ!!モアイ!!!なドライブ楽しかったぁ~(^▽^)

明日は朝日見に行くぞ~い♪

~おまけ~
f0019622_5541952.jpg

15体のモアイを見に行った時、
ちょうど映画か何かの撮影をしてました
俳優&女優さんは全く知らない人でしたが、
美女が民族衣装を着て腰をフリフリ踊っているところを見学~☆
キュっと引き締まった横ケツにmuraさん釘付け!!
[PR]
by maemuraheritage | 2007-10-31 05:51 | CHILE

9月23日(日) 滝!

今日は観光!
世界遺産『イグアスの滝』に行ってきました☆

朝からせっせとサンドイッチのお弁当を作って、
遠足気分でバスに乗って出発~!

イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルとパラグアイの3国に跨っていて、
世界3大瀑布の1つでもあります
一秒間に6万5千トンの水が流れ落ちてるんだとかっ?!

ビクトリアの滝を見に行った時は、
滝そのもののスケールの大きさに圧倒されたけど、
イグアスの滝はまた別!

いや~、こりゃデッカイわっ(/☆△☆)/

何がって敷地が!!


入場ゲートから滝までトロッコ電車に乗って、
滝から滝までの移動も電車!
さらに見所まで行くのにも歩く歩く!!
全部見て周るのに6時間かかりました(^_^;)

遊歩道沿いに歩いているだけで、
膝を震わせながら滝を上から見下ろしたり、
飛沫を浴びながら滝を真正面から眺めたり、
轟音を聞きながら滝を下から見上げたり、
少し離れた場所から全景を見渡したりと、
瀑布を余すことなく堪能できるようになっています
f0019622_1473198.jpg
f0019622_1474990.jpg

『観光』って言うよりは『ハイキング』だっ!
お弁当持って行って大正解♪

すっかり小学生の頃の遠足気分にトリップしてしまった一日でした
[PR]
by maemuraheritage | 2007-09-23 01:44 | ARGENTINA

7月24日(火) モーセの朝日

真っ暗闇の中の山登りは結構キツイ・・・
先は見えないし、
足元が階段なのか砂利なのかも分からない状態
同じグループの欧米人達はスイスイ登っていくのに、
maeはただついていくだけで必死っ(@△@;)
自分の股下の短さが憎い・・・(涙)

深夜1時半からシナイ山を登り始めて3時間、
ようやく山頂に到着!
頂上に着いた感想は、
『寒いっ』
Tシャツの上から長袖のスウェットを着て、
さらに風除けのレインコートを羽織っててもガチガチ震えてしまうぐらい寒い(>_<)
出発直前に宿で大汗かきながら
mae&mura:「暑い暑い、あ゛つ゛い゛ぃぃぃ」
なんてボヤいてたのがウソみたい!!

日の出が先か凍死するのが先か・・・
そんな極限の寒さを感じながら、
徐々に白んでいく東の空をじっと見つめて日の出を待つ

午前5時15分 赤茶色の山々の向こうから黄金色の太陽が昇る
f0019622_22312857.jpg


それに朝日に紅く染まる周りの山並みのきれいなこと!!
f0019622_22325024.jpg


苦労して登った甲斐あって、
ご来光が見えたときの感動も一入!
頑張ってよかったぁ(^▽^)


夕食は、
今日の夜行バスでカイロに帰ってしまうゴンちゃん&マチコさんとの別れを惜しんで、
ちょっとリッチなシーフード屋さんに♪
2人とも超イイ人!!
また日本に帰ったら遊んでくださいね~(^▽^)


☆シナイ山ご来光ツアー情報☆
・ダハブの宿やダイビングショップで申し込めます
・参加費:50~55ポンド/人(ガイド料込み、入域料20ポンド/人別途要)
・所要時間 約12時間(23:00pm~11:00am)
・足場が悪いので靴と懐中電灯は必須!真夏の7月でもかなり風が強くて寒いので、防寒対策は厳重に!!
・長時間歩くのでお腹が空きます。お菓子類の準備を!
[PR]
by maemuraheritage | 2007-07-24 22:28 | EGYPT

6月22日(金) 迷宮2日目

朝、オーナーがコーランを唱える声で起床
んん~、イスラムの香り!
今日は夜行バスで次の町に移動します
時間まで荷物を宿に預けて、
またまたメディナを散策~♪

あらら?
メディナの中は昨日ほどの活気がなくて、
お店もほとんど閉まってる・・・
代わりにメディナ内は正装したイスラム教徒の男性人が慌しく、
同じ方向に向かって歩いていってます
さりげなく後をつけて行ってみると、
辿り着いたのはモスク!!
モスクの中からはコーランを唱える声が聴こえてきました

『モロッコは世界中で最も客引きがしつこい』と言われていますが、
そんなモロッコの商人が店を休んでまでモスクに通ってくるなんて・・・
宗教に対する忠誠心が伺えたひと時でした

そんなわけで、
活気のないメディナを歩いていてもイマイチ面白みに欠けるので、
ちょっと遠出して2㎞ほど離れた新市街に出かけてみました~(^_^)

感想は・・・
普通に都会でしたね
きれいに整備された大通りを挟んでおしゃれなオープンカフェや、
ビルが建ち並んでて、
旧市街のゴチャゴチャっぷりからは想像できない感じでした

さてさて、
今日の移動はモロッコ国営の「CTM」を利用しました
民間のバス会社とは比べ物にならないぐらい、
「きれい、時間に正確、冷暖房完備で快適、ボらない!」と評判がいい!
若干シートの間隔は狭くて運賃は割高だったものの、
確かに快適!
夜行バスが「ギュウギュウ詰め、蒸し暑い、ボったくる」だったら、
おちおち寝てられないからねぇ(^^;)
夜行に乗るならCTMバスがお奨めです

☆フェズ~ティトワン(リッサニ)移動情報☆
・1日1便(20:30pm発)、旧市街北側のバスターミナルから、CTM社のバスが出ています
・エルフード経由、リッサニ行きなので、エルフードに行く場合は1つ手前のバス停で下車!
・所要時間9時間(リッサニは10時間)、費用は145DH(約2,200円)/人、リッサニは155DH/人
・荷物代は別途要(20㎏以下のバックパックは5DH/個でした)
[PR]
by maemuraheritage | 2007-06-22 23:42 | MOROCCO

6月22日(金) 迷宮2日目

朝、オーナーがコーランを唱える声で起床
んん~、イスラムの香り!
今日は夜行バスで次の町に移動します
時間まで荷物を宿に預けて、
またまたメディナを散策~♪

f0019622_23545944.jpg


あらら?
メディナの中は昨日ほどの活気がなくて、
お店もほとんど閉まってる・・・
代わりにメディナ内は正装したイスラム教徒の男性人が慌しく、
同じ方向に向かって歩いていってます
さりげなく後をつけて行ってみると、
辿り着いたのはモスク!!
モスクの中からはコーランを唱える声が聴こえてきました

『モロッコは世界中で最も客引きがしつこい』と言われていますが、
そんなモロッコの商人が店を休んでまでモスクに通ってくるなんて・・・
宗教に対する忠誠心が伺えたひと時でした

そんなわけで、
活気のないメディナを歩いていてもイマイチ面白みに欠けるので、
ちょっと遠出して2㎞ほど離れた新市街に出かけてみました~(^_^)

感想は・・・
普通に都会でしたね
きれいに整備された大通りを挟んでおしゃれなオープンカフェや、
ビルが建ち並んでて、
旧市街のゴチャゴチャっぷりからは想像できない感じでした

さてさて、
今日の移動はモロッコ国営の「CTM」を利用しました
民間のバス会社とは比べ物にならないぐらい、
「きれい、時間に正確、冷暖房完備で快適、ボらない!」と評判がいい!
若干シートの間隔は狭くて運賃は割高だったものの、
確かに快適!
夜行バスが「ギュウギュウ詰め、蒸し暑い、ボったくる」だったら、
おちおち寝てられないからねぇ(^^;)
夜行に乗るならCTMバスがお奨めです

☆フェズ~ティトワン(リッサニ)移動情報☆
・1日1便(20:30pm発)、旧市街北側のバスターミナルから、CTM社のバスが出ています
・エルフード経由、リッサニ行きなので、エルフードに行く場合は1つ手前のバス停で下車!
・所要時間9時間(リッサニは10時間)、費用は145DH(約2,200円)/人、リッサニは155DH/人
・荷物代は別途要(20㎏以下のバックパックは5DH/個でした)
[PR]
by maemuraheritage | 2007-06-22 23:42 | MOROCCO

6月21日(木) 「コニチワ~」

いよいよ『世界中で最もウザい人が多い国トップ3』に堂々ランクインするという、
モロッコ人を肌で感じる日がやってきました!(←大袈裟)

トップ3の中でも群を抜いて1位と言われるインドでは肩透かしを食らい、
昨日までに会ったモロッコ人は予想に反して親切な人達ばかりだったので、
今日はどんだけ鬱陶しい人達が寄ってくるのか内心ワクワクしてたりして♪

今日歩いたのは、
世界遺産『フェズ・エル・バリ』
フェズは9世紀はじめにイスラム王朝の都だった場所で、
ティトゥアン同様にメディナが残されているのですが、
ここのメディナは世界最大の迷宮と呼ばれているぐらいデカイ!!
東西1.5㎞、南北1㎞の町全体に、
細い路地がグッチャグチャに入り組んでて、
ありとあらゆる生活雑貨や食品、なめし革の工房なんかが軒を連ねています
よっぽど方向感覚に優れている人じゃないと迷子必須!

f0019622_23492717.jpg

↑モロッコの名産品である革を染色している工場
革の種類は羊やラクダ(!)が多いらしい

町を歩いているとあっちこっちから声がかかります
「ジャパ~ン?オハヨ~!」
「ヨウコソ、モロッコヘ!」
「コニチワ~!ナカタ!トヨタ!」
一番ウケるのは、
「チョトマテクダサイ!コレ、ヤスイ。ビンボープライス!」
モロッコ人が「貧乏プライス」なんて言葉をどこで学んだんですかねぇ(^^;)

ほぼ3時間ぐらいメディナの中をウロウロしてみましたが、
鬱陶しい人はゼロ!
引切り無しに声を掛けられるので、
確かにそれを鬱陶しく感じる人もいるかもしれませんが、
上手く交わせば問題ナシ♪

モロッコ人とのやり取りの他にも、
町並みを見て歩くのはとても楽しい!
イスラム圏を旅するのはmae&muraにとって初めての体験!
インドにもイスラム教徒の人達はいましたが、
町全体がイスラム教徒だと雰囲気は独特!!
インドと同じイスラム教徒でも、
女性の服装はインドより格段にカラフルで、
身体のラインが出るようなデザインの物を着ているし、
顔つきもヨーロッパっぽい派手さをしてます
また、メディナの中には何ヶ所もモスクがあって、
定期的にコーランを唱える放送が流れてきたりと、
濃厚にイスラムの香りが漂ってました

最高潮に楽しかったぁー☆

夕ご飯はまたまたケフタ(羊肉のつみれを炭火で焼いたもの)サンド
このお兄さん(左)はチラチラmaeを見てはニヤニヤしてくる・・・
外国人女性が珍しいのか??
それともmaeの顔がおかしいのか・・・?
f0019622_2374592.jpg

[PR]
by maemuraheritage | 2007-06-21 23:03 | MOROCCO