excitemusic

5年間の遠距離恋愛を経て、2007年は親の反対を押し切って、駆け落ち世界一周旅行しちゃいました(笑)2008年はボチボチ国内旅行中♪
by maemuraheritage
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
muraさん’sブログもよろしく☆
『hideよ、世界へ飛び出せ』
http://ymworld.exblog.jp/
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ちょっと誰かと旅☆( 14 )

世界AIDSデーに思うこと②

私が出会ったHIV/AIDS患者のAさんの話

Aさんは、タイの農村に住む、20代後半の女性
夫と9ヵ月になる息子と3人で、農業をしながら生活してます
決して裕福ではなく、
家は材木やワラなどを使って、夫が手作りし、
電気や水道、下水設備は整っておらず、
洗濯や水浴びは家に前にある池の水、
料理や飲み水は、雨水を利用しています
朝日と共に起き、夕日と共に寝る生活をしています

AさんがHIVに感染したのは、おそらく彼女が10代の頃
実家は貧しく、学校に通ったことはありません
何とか家族の生活費を稼ぐため、街で売春婦として働いていたときだと考えられます
20代になって、仕事を辞め、夫と出会って結婚し、子供にも恵まれたのです

そんなAさんが、HIVに感染していると分かったのは、
妊娠に気づき病院を受診した時のこと
しばらくは病院で処方されたAIDSの発症を遅らせる薬を飲んで様子を見ていたそうですが、病院は家から遠く離れていて、しかも受診費が払えないという理由から、徐々に病院には通えなくなっていきました

無事に出産を終えたものの、Aさんの体調は悪くなる一方・・・
AIDSを発症し、
全身のだるさや、長く続く微熱で寝込むことも多くなり、
吐き気のために食事が摂れず、次第にやせ細っていきました

Aさん:「2年前の私の写真見る?ほら、美人でしょ~?」
そう言って見せてもらった写真には、丸顔でちょっと幼い、ふくよかな女性が綺麗に微笑んで写っていました

私は、目を疑いました

目の前に座っているAさんは、9ヶ月の我が子を抱き上げることさえできないぐらいに筋力は落ち、病院の医師には、薬の副作用で骨がもろくなっているため、長時間歩くことやつまづいて転ぶだけでも骨折しやすく、怪我や病気の1つに罹るだけでも命取りになると言われているそうです
とても、写真の女性がAさんであるとは思えないぐらいに、体型は変わっていました
ただ、写真と何1つ変わっていないのは、嬉しそうに夫との馴れ初めや、息子をあやす優しい目元だけでした
Aさん:「夫と一緒に農業をして、家族と一緒に過ごせることが何よりの幸せ」

そう話していたAさん、私が出会った半年後に亡くなられたそうです
寝たきりになって、愛する息子を抱きしめることもできなくなって、自分の家で、夫と息子に見守られながら・・・


HIVウィルスは、性感染、患者の精液や膣分泌液、血液や母乳を介して人から人へ感染していきます
しかもHIVは感染しても、自覚症状が出るまでに時間がかかるため、自分が気づかないうちに大切なパートナーや家族にもうつしてしまっている可能性がある恐ろしい病気なのです
つまり、Aさんの夫も息子もHIVに感染している可能性が高いと考えられます

信じ難いことではありますが、Aさんに限らず、生きるために売春をし、HIVに感染することはそう珍しくなく、このような悪循環が、タイでHIV/AIDSが爆発的に増加した原因の1つと考えられています

Aさんと出会うまで、正直私自身も、HIV/AIDSをどこか他人事のように考えていましたが、
かけがえのない自分の命、大切な人の命を守るため、もっとHIV/AIDSを身近に捉え、アクションを起こしていかなければいけないと思いました
私1人では、たいそうなことはできませんが、
今でも時々、友達を相手にアツく語ります
きっと友達は「なんやコイツっ」ってウザがってるやろうけど、
1人でも多くの人にHIV/AIDSについて知ってもらって、
その人がまた別の人に情報を広げていけば、
ねずみ算式に、広まっていくと思いませんか??

以上、長々とまとまり無く書いてしまいましたが、
何かの縁があって、このブログを読んでくれた方々、
少しでもHIV/AIDS問題について知って、考えてもらえたら幸いです☆
[PR]
by maemuraheritage | 2006-12-02 01:33 | ちょっと誰かと旅☆

世界AIDSデーに思うこと

今日、12月1日は『世界AIDSデー』
AIDSは1981年にアメリカで始めての患者が報告されて以降、世界規模で爆発的に増加しつつあるHIV/AIDSについて正しい知識を持ってもらい、それを食い止め、また患者や感染者に対する差別や偏見を解消しようという目的で、1988年に国連で制定されました

AIDS(後天性免疫不全症候群)は、HIV(ヒト免疫不全ウィルス)に感染した後、潜伏期間を経て免疫機能の低下により様々な感染症や悪性腫瘍を発症する病気です

先日、UNAIDS(国連AIDS合同計画)が『AIDS Epidemic Update』という世界のHIV/AIDSに関する統計や動向をまとめた報告書の最新版を発表しました
その報告書によれば、現時点でのHIV/AIDS患者は3950万人で、年々患者数は増加しているそうです。最も患者の多い地域はサハラ以南のアフリカで、全患者の60%に当たる2470万人が集中しています。人口に占める患者率は、5.9%17人に1人はHIV/AIDSに罹っているんだそうです

では、私たちの住む日本はどうでしょう?
平成17年のデータでは、日本のHIV/AIDS患者数は1,199人、うちHIV感染者は832人、AIDS患者は367人だそうです。人口に占める割合は0.01%10,000人に1人・・・この数字を見て、自分には関係ないと思うか、自分のこととして考えるか、あなたはどっちですか?

私は学生の頃、「国際協力」や「発展途上国」に強い興味を持って、夏休みなどの休みを利用して、いくつかのNGOが主催するスタディーツアーに参加していました
主にタイ・カンボジアの農村地帯の開発や保健衛生について学んだのですが、どの国のどの地域に行ってもHIV/AIDSは深刻な問題となっていました
NGOのプロジェクトを見学したり、スタッフに仲介してもらって、AIDS患者さんやその家族、親をAIDSで亡くした子どもたち(AIDS孤児といいます)の話を聞いたりすることができ、様々な問題について考えることができました
その中でも、特に印象に残っている、いくつかのエピソードを残しておこうと思います


(残念ながら今日はここまで!今からお仕事行ってきま~す)
[PR]
by maemuraheritage | 2006-12-01 13:15 | ちょっと誰かと旅☆

京都三昧~☆

f0019622_2123656.jpg

いや~、秋ですねぇ

ここ数日の朝晩の冷え込みに耐え切れず、
早くも箪笥からチャンチャンコ引っ張り出してきました
見た目はイマイチでも、暖かいのよぉぅ~~( ̄▽ ̄~)

そんな感じで、軽く冬眠モードに入ってきたわけですが、
日中は結構暖かいので、散歩がてら、
この2週間で、4回も京都に行ってきました(*^_^*)ゞ
今年は10月の気温が高かったので、全体的に紅葉は遅れているみたいで、今日の時点でも、
ほとんどの紅葉スポットはまだ色づき始めた程度。今月下旬~12月上旬には、京都の紅葉は見頃になる様子とのこと( ^ー゜)b

参考までに、maeの紅葉先取りお散歩コース紹介☆↓↓

①職場の友達と東福寺周辺をブラブラ~♪
東福寺(通天橋・方丈北庭)⇒光明院⇒泉涌寺
東福寺は通天橋から眺める真っ赤なカエデの紅葉が有名な場所。超有名な紅葉スポットで、シーズン中は、拝観チケット買うまでに1時間以上並ばないといけなくなるようなので、早朝がオススメ!光明院は、こじんまりとした枯山水庭園ですが、テレビCMのロケで使われるなど、結構有名らしいです。ゆっくり腰掛けて、大人な雰囲気を味わえる場所です。泉涌寺は皇室ゆかりのお寺で、とにかく緑が多くて敷地が広い!!しかも高台にあって、行きはやや上り坂になっているので、ゆっくり歩けば、いい有酸素運動にもなりますよ♪

②学生時代のサークル仲間と祇園をブラブラ~♪
鴨川⇒祇園⇒錦市場
鴨川沿いは、カップルが愛を語らうための場所☆しかもベンチがあるわけでもないのに、きちんと等間隔に座ってるんです!不思議だぁ。愛を語らった後は、祇園をブラブラ。一日舞妓体験で舞妓さんの格好をした、なんちゃって舞妓さんにいっぱい出会えます。舞妓体験コースは衣装レンタル+着付け+ヘア&メイク+写真撮影がセットになって1万円ぐらい。祇園散策の後は、阪急河原町駅の方に戻ってきて、『京の台所』と言われる錦市場へ。京野菜や漬物、豆腐、おばんざい、お土産などなど、何でも揃うし、歩くだけでも結構楽しい♪

③muraさんと嵐山サイクリング~♪
渡月橋⇒仁和寺⇒龍安寺⇒嵯峨野
ガイドブックによると片道約30分の道程って書いてあったので、張り切ってチャリに乗ったものの・・・・これが案外大変!結構なアップダウンがあって、20代後半の運動不足の体には堪えるのです(@_@)それでも、のどかな秋色の景色を見ながら、一生懸命ペダルをこいで目的地に着いた時の達成感は最高~☆お寺の厳かな雰囲気には癒されるし、京都サイクリングお奨めです♪レンタサイクル屋さんは、阪急嵐山駅や渡月橋周辺に多いみたい。ママチャリ、マウンテンバイク、キッズシートつきなど、自転車のタイプも選べて、1日800円なり。

④職場の友達と、東山をブラブラ~♪
花見小路⇒建仁寺⇒安井金比羅宮⇒高台寺⇒円徳寺
修学旅行のメッカ(?)清水寺には行かず、その手前をウロウロ。安井金比羅宮は、縁切り神社として有名。かまくら風の「縁切り石」があって、その中をくぐると、悪縁を断ち切り、良縁を結んでくれるらしい。恋愛関係のもつれや悪友との決別を希望される方、参拝されてはいかがでしょう?!東山周辺は、観光名所が集中してることもあって、年中観光客が多め。それが紅葉のピークに掛かろうもんなら、原宿の竹下通りもビックリするぐらいの混雑ぶりになるので、ちょっと時期をずらすか、平日の方がよさそうですよ♪

こんな感じで、京都の秋を満喫中!
もうちょっと紅葉が進んだら、また遊びに行こ~\(^0^)/
f0019622_23332645.jpg

[PR]
by maemuraheritage | 2006-11-09 22:22 | ちょっと誰かと旅☆

“そこに山があるから・・・”

どうして山に登るんですか?って聞かれた時、
ある登山家はそのように答えたそうです

↓ネパールにて、朝焼けに映えるヒマラヤ山脈↓
f0019622_23293415.jpg


この景色を見て、あるネパール人は
“Yes,Mountain.”

・・・ん?あの~それだけ?・・・(・_・ ;)ゞ
こんなすばらしい景色を前にして、私はテンション↑↑、
感動のあまり言葉も出ず、涙が出そうなぐらい気持ちが高揚していたのに・・・
「どうだ、凄いだろう!!この景色は、俺たちの宝だ!!」みたいな言葉が返ってくると思いきや、予想に反して、とってもあっさりとした一言・・・

こんな素敵な景色に感動しないなんてもったいない!!
って思ってましたが、最近になってよくよく考えると、
まぁこのネパール人の気持ちも分からなくもないってことに気づきました
σ(^_^;

旅行者である私にとっては初めての景色、非日常の空間
でも地元に住む人々にとってはあって当たり前の景色

逆に言えば、

地元民である私にとっては当然の物、
でもそこに非日常を求めてやって来る人々がいる

私の場合、奈良公園ってとこですかね☆

春は遠足、夏はお祭り、秋は写生会、冬は初詣など
一年を通して何度となく足を運んで、
お土産物を探す修学旅行生を横目に、お小遣い片手に買い物したり、
教室の窓越しに大仏殿を見ながら授業を受けて、
通学のため、毎日平城京跡を電車で横断したり・・・

「高校の修学旅行が奈良で、本当に鹿が放し飼いされててビックリしたよ~」
「大仏っておっきいんだね~。造った人凄いよね~」
他府県出身の友達によく言われることですが、私的には
「・・・そうやね」
としか答えようが無い・・・

でも!人に言われることによって、
「やっぱり大仏ってでっかいんや~。鹿って奈良のシンボルやんなっ」
って、愛着が沸いてきて、地元の名物や景観を大切にしようって気持ちになれます
よく、観光地化が進むとその土地本来の良さがなくなってしまうと言われますが、それを転機に守っていこうとする動きが出てくるのも事実

世界一周では、いろんな非日常の空間に身を置いて、
他国の良さ発見、日本の良さ再発見をすべく、
沢山の刺激や感動を受けたいと思ってます
限りある人生、少しでも多くのことを見て、知って、考えないと損ですよね☆
そして、多くの人たちにも伝えていかないとね( ^ー゜)b
『当然』に隠れた『新発見』があるかもよ~♪
[PR]
by maemuraheritage | 2006-09-12 11:49 | ちょっと誰かと旅☆

世界の市場から~ネパール~

世界で活躍する日本人の方にお会いしたい!!

学生の頃、
少しでも世界を身近に感じていたくて、
できれば何か一つでも自分にできる事を見つけたくて、
長期休みを利用して、サークル仲間とアジアを駆け巡ってました

将来的には海外で働きたいって夢を実現するためには、
どんな分野で、どんな方法で、どんなモチベーションが必要なのか知るために、
学校の先生のコネやツテ、ネットで情報を集めたりして、
沢山の日本の方々の活動を見学したり、参加させてもらったりしました

学生最後の活動は、『ネパール』
<ネパールで鍼灸を広めている日本人女性がいるらしい>
って情報を元に連絡を取らせて頂いて、
その方が運営するNGOの無料巡回診療に同行させてもらうことが出来ました

約3週間、ネパールで過ごしたわけですが、
まぁ次から次へと、色んなカレーがあるもんですねぇ(^_^;)
豆カレー、野菜カレー、チキンカレー、マトンカレー、
カレースープに、カレー炒め、終いにはカレー味のお漬物!!
もう刺激物だらけで、さすがのmae腸も参っちゃいましたよ・・・

帰国してすぐに、もうカレーは一生食べないっっ(>△<)/
て誓ったのですが、時が経つにつれ、いい思い出に変わって、
食べたくなるものですね~

f0019622_9353457.jpg

↑ネパールの市場で見かけたスパイス屋さん
ものスゴイ種類のスパイスが並んでいて、前を通るだけでもいい香りが・・・
ま、カレーにうんざりしていた当時は、
「くっさ~!!やめてぇ~」Σ( ̄□ ̄;)
って感じてましたけどね
[PR]
by maemuraheritage | 2006-09-03 09:32 | ちょっと誰かと旅☆

赤の祭典

あぁ、蒸し暑い(´△`;)ゞ
梅雨入り前に夏バテしちゃいそうです・・・

さて、ここで問題です。下の赤いモノは一体なんでしょう?
アタック チャーンス!!(←児玉清じゃなくて、華丸風に)

f0019622_21481476.jpg
f0019622_2148488.jpg


・・・華丸の真似がしたかっただけで、深い意味はないんですけどね(^^ゞ
正解は女性です

ネパールの首都カトマンドゥにある、パシュパティナート寺院にて

8月下旬のこの日は、ヒンドゥー教の女性のお祭りで、
男性は関係者を除き、立ち入り禁止!!
さらに、この「ティージ」というお祭りは、赤いサリーやパンジャビを身にまとって参拝する慣わしがあるんだとかで、寺院中、どこを見ても赤い女性ばっかり!!!
『金スマ』の、赤の皆様なんか目じゃないぐらいの迫力と、
その活気と煌びやかさは、圧巻っw(☆O☆)w

男性優位社会のネパールで、こんなにも女性ばかりがお洒落して集まって、歌ったり踊ったり、女性主体の光景ってそう滅多に見られるもんじゃない?!
感激しました~☆
[PR]
by maemuraheritage | 2006-05-22 22:15 | ちょっと誰かと旅☆

風邪引きましたぁ(@△@)

最近職場で、アデノウィルスによる風邪が大流行っ!
            (↑ちょっとマニアックな表現・・・?)
アデノウィルスは呼吸器系の風邪の代名詞みたいなもんで、
症状的には、のどが痛くて、せきが止まらなくて、息苦しいっ(>。<)
プラス、せきのし過ぎで、腹筋が痛いっ

職場では周りにうつしたらいけないので、支給されてるマスクをしてるんですが、マスク人口が多い上に、全員お揃いなもんで、傍から見たらかなり怪しい集団かも・・・

そんなことはさておき、
病気つながりで、こんな写真があったのを思い出しました↓
f0019622_12281129.jpg


そう!アジア名物バイク3人乗り!!・・・ではなくて、
分かりますかね~。ちょっと見づらいんですが、前から
①運転手
②赤ちゃんを抱えたお母さん
③点滴棒を持つ男性 ←コレがポイント!!

カンボジアの田舎道を車で移動中、隣りを通過していったバイクの様子です
どうやら、赤ちゃんが病気になって病院を受診した帰りのようなんですが、
日本ではまず見かけない光景ですよね~
病院を受診して、点滴をしましょうってなっても、外来のベッドに横になって、終わってから家に帰るんじゃないでしょうか?

この家族は、ぐったりした赤ちゃんを点滴したままの状態でバイクに乗せなければならないほど、急ぎの用事があったのだろうか?
バイクで未舗装でガタガタの路を走ってる間に、点滴が漏れたらどうするんだろうか?
点滴の針を刺してるところから、バイ菌が入ったらどうするのか?家族は、そのリスクを知ってるんだろうか?
点滴が終わった後の、針やチューブ類はどうやって処理するんだろうか?

いろんな疑問が頭ん中でグルグル回りました
発展途上国の医療現場、かなり気になりますっσ(-_-;)
[PR]
by maemuraheritage | 2006-05-10 13:41 | ちょっと誰かと旅☆

お花見 第3弾!!

またまた行ってきましたよ、お花見!
何ぼほど好きなんっ?!って感じですけど、今年3回目です(^_^;)
今日は職場の友達と、京都の寺社と八重桜めぐりをしてきました~♪

①THE京都☆な金閣寺は、修学旅行生や外国人観光客で大賑わい!
 今日は天気も良かったので、金ピカ具合に磨きがかかって見えました
 残念ながら桜には遅かったのですが、もみじの新緑がきれいでした~

②あんまり有名じゃないけど、何気に世界遺産に登録されている龍安寺
 ここは禅宗のお寺で、「吾唯足ることを知る*」という禅の格言を図案化したつくばい(手洗鉢)があって、かの有名な「水戸黄門様」こと、徳川光圀公が寄進したと言われているそうです
   *「知足のものは貧しといえども富めり、不知足のものは富めりと
    いえども貧し」って事

③兼好法師の徒然草にも出てくる仁和寺
 御室桜っていう、特有の桜で有名ですが、見頃はすでに終了・・・
 だけど、枝垂桜や八重桜が、今まさに満開~☆
 黄緑色の珍しい八重桜も咲いていて、大満足ですヽ(´▽`)/

④その他
 妙心寺や、学問や芸能の神様を祭る北野天満宮など、約6時間かけて駆け巡りました!かなり歩いてクタクタになりましたが、京都の春を大満喫でっす(≧▽≦)/f0019622_23444587.jpg
f0019622_2344615.jpg
[PR]
by maemuraheritage | 2006-04-25 23:07 | ちょっと誰かと旅☆

自然美~カンボジア~

私の好きな風景・・・

f0019622_2148393.jpg


ここはカンボジアのアンコール遺跡群のひとつ、タ・プローム寺院
12世紀後半に、ジャヤバルマン7世が母親のために造った仏教寺院で、
寺院内は金や宝石で装飾され、5000人以上の僧侶と、600人以上の踊り子が住んでおり、まさに豪華絢爛な姿であったと伝えられています

現在では・・・
寺院の周囲はジャングルが鬱葱と生い茂り、
金や宝石といった装飾品は、一つ残らず盗掘され、
遺跡を飲み込むかのごとく、ガジュマルの巨木がそびえ立ち、
その根によって、積み上げられた石材があっちこっちで崩れ落ちている

遺跡の姿からは、かつての栄光と衰退が感じられ、どこか物悲しいと言うのが私の第一印象
だけど、硬い遺跡の上に根を張り、時には遺跡を破壊しながらも、空に向かってまっすぐに伸びるガジュマルの樹の生命力の強さや、そのガジュマルに栄養を供給し続ける事ができている、大地の肥沃さに感動させられたりして・・・女性的な力強さが印象的

こういうのを『諸行無常』って言うのかなぁ
しみじみ考えさせられて、心落ち着く場所なのです
[PR]
by maemuraheritage | 2006-03-23 22:52 | ちょっと誰かと旅☆

若い血ィ吸うたった?!

ただいまです!栃木から帰ってまいりました(^o^)ゝ
サークルの追いコン(=卒業生追い出しコンパ)兼、プチOB会に参加♪
約1年半ぶりの栃木でしたが、町並みや友は変わりなく、ホッと一安心・・・

でも、さすが我が仲間!
留学したり、ワーキングホリデーに向けて動き始めていたり、大学院進学を決めていたり・・・しばらく連絡を取ってないうちに、それぞれが夢に向けて人生設計して、それを確実に実行し始めていて・・・なんだか、日々自分に与えられた仕事だけで『精一杯がんばったつもり』になっている自分がすごくちっちゃいように思えて、めっちゃ悔しかったですσ(T_T)

学生時代は『国際協力』とか『国際保健』に夢中になって、寝ても覚めてもそのことで頭がいっぱいだったのに、最近では「仕事が忙しい」って自分に言い訳をして、すっかり遠ざかっちゃってました(-_- ;)

にも関わらず、
「maeちゃん先輩は、いつまでたっても先輩ですっ!」
「いっつも、なんて行動力、判断力のある人なんだって尊敬してました」
私にはもったいない位の褒め言葉を連発(?)してくれる後輩たち、
「maeちゃんなら、焦んなくても、やりたい事は自分で探して実行していけるよ」
そんなうれしい言葉をかけてくれる友・・・

やだ~、そんなこと言われたら、うち調子に乗ってしまうやないですかぁ(*^▽^*)ヾ

もともと、褒められたらがんばっちゃうタイプ(=お調子者)なので、今回、仲間たちの熱い情熱や軽いフットワークを肌で感じて、数年前の自分を取り戻すことができたように感じます!!

私に若い血(思考、情熱、行動力など)を分け与えてくれたみなさん、
ありがとぉぅぅ~(≧▽≦)/
[PR]
by maemuraheritage | 2006-03-08 22:54 | ちょっと誰かと旅☆