excitemusic

5年間の遠距離恋愛を経て、2007年は親の反対を押し切って、駆け落ち世界一周旅行しちゃいました(笑)2008年はボチボチ国内旅行中♪
by maemuraheritage
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
muraさん’sブログもよろしく☆
『hideよ、世界へ飛び出せ』
http://ymworld.exblog.jp/
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:MYANMAR( 7 )

2月11日(日) ワル知恵

今日はミャンマー最終日
ひたすら移動と観光に追われた7日間だったので、
最終日ぐらいはのんびり休息することに

朝食のビュッフェをガッツリ食べた後、
さらに3皿分ほど多めに頂戴して、
持参のタッパーに詰め直し、
見事、昼食Get!!(^皿^)
(↑こういうワル知恵に関しては、頭の回転が速いのです)

そのまま風通しの良いテラスを占領して、
日記を書いたり、ブログのネタ帳を書いてみたり、
ダラダラダラダラ…
午後からも、
持参のDVD見たり、昼寝したり、
ゴロゴロゴロゴロ…

なぁ~んにもすることがないっていうのも、
それはそれで楽しいなぁと感じた1日でした♪
[PR]
by maemuraheritage | 2007-02-11 17:16 | MYANMAR

2月10日(土) 聖地

起床から15分後、
宿のオーナー自慢のビュッフェスタイルの朝食をたらふく食すと、
昨日の嫌な思いはどこかへ吹っ飛んでしまう♪
↓テラスからの眺めも最高!
f0019622_1265561.jpg


お腹一杯になったら、
今日も元気に、観光してきますっ!

今日の目的地は、『シュエダゴンパヤー』
一昨日の『シュエサンドーパヤー』と共に、
ミャンマー3大聖地の1つとなっている寺院です

町を見渡せる小高い丘の上に建っていることや、
浮世離れした黄金の仏塔があることなど、
共通した点も多いものの、
規模は圧倒的にこっちの『シュエダゴンパヤー』が大きい!!
圧巻です

maeが個人的に気に入ったのは、寺院の構造
丘の上に建っているので、
寺院までは参道の階段を登っていかなければならないのですが、
参道はアーケードのように屋根で覆われていて、
両側にはお土産物屋さんがぎっしり!
なので、外の様子が全く見えません
参道を登りきって、外に出た瞬間…
ドドーン!!と黄金の仏塔が姿を現すという仕組み

長い階段を登りきったという達成感とともに、
ようやく聖地に辿り着けたという実感が得られるので、
うれしさ2倍!感動も一入!となるわけです
心憎い演出じゃないですかぁ~?
[PR]
by maemuraheritage | 2007-02-10 17:13 | MYANMAR

2月9日(金) 大事件発生!!!

今日は、ピィからヤンゴンに移動です
ゲストハウス前からすんなりとピックアップに乗って、バスステーションへ
バスも予定時刻の10分前には出発するという、
アジアらしからぬ正確さ!

今日はついてるかも~って余裕ぶっこいてたら…

muraさん、お財布紛失っっっ(;△;)/

200US$と5000チャット=約25000円ぐらいですかね…
キャッシュカードとパスポートのコピーが入ってた模様

幸い、すぐに日本人宿に駆け込んでキャッシュカードの利用停止手続きをすることができたので、被害の拡大はなさそう
首絞め強盗とか、恐喝みたいに心身的な被害はなかったので、まぁ良しとします

2カ国目にして、このような事件が起きるとは…
気を引き締めてがんばります!
[PR]
by maemuraheritage | 2007-02-09 18:47 | MYANMAR

2月8日(木) 変り種ブッダ

今日は、とあるブッダ様に会いに行きました
とあるブッダ様とは…
『眼鏡ブッダ様』なのですっ

2人揃って眼鏡っ子のmae&muraとしては、
ガイドブックでお見かけしてからというもの、
これは是非、お目にかかっておかなければならない!
という運命的なものを感じたわけです

そのブッダ様がいらっしゃるのは『シュエミッマンパヤー』
現在は改修工事中ということで、
足場が組んでありましたが・・・

f0019622_17482214.jpg

マジですっ
白いお顔に、パッチリおめめ、くっきり唇という整ったお顔立ちのブッダ様は、
紛れもなく丸い金縁眼鏡をかけていらっしゃいましたっ
とても神々しい姿なんだけど・・・
どこか笑える、不思議なブッダ様でしたб(^^;

お次は、『シュエナッタンパヤー』
ひたすら田畑が広がる、のどかな一本道を歩いていくと・・・
何処まで行っても辿り着かない・・・
さらにがんばってみても・・・着かない・・・
もう引き返そうと諦めかけた時に、
トラクターに乗った青年たちが、神のような一言を☆
青年:「乗ってく?」
mae&mura:「もちろんですともっ!」
間髪入れずに、ご好意に甘えました~(≧▽≦)
でもねっ
乗せてもらった身でいうのも何なんですが…
痛くて座ってられないですよぉ~
青年たちが教えてくれた通り、鉄の柵に腰掛けてみたら、
揺れる度に、背骨や腰に衝撃が直に伝わってきて、
息ができなくなりました(;_;)
脊椎か腰椎の圧迫骨折かっ?!と思って、焦ったぁ~

別れ際、青年たちに心付けを渡そうとしたら、
青年:「金は要らねぇ、あばよっ」
ってな感じで、颯爽とトラクターで去っていったのです
かっこいい~(*^▽^*)
寺院自体も、周辺の田畑ばかりの景色には不釣合いなぐらい、
絢爛豪華!
『シュエナタンパヤー』とは、
『黄金の塊の山』という意味だそうで、
名前の通り、金ピカのお寺です
足を伸ばしてみる価値ありっ!

帰りは、馬車ならぬ牛車をヒッチハイク!
いや~、何でも挑戦してみるもんですね(笑)
トラクターよりも乗り心地よくて、快適でした~♪

そして最後に『シュエサンドーパヤー』
ここは、ミャンマーの3大聖地のひとつで、
金キラぴかぴか具合が半端じゃないっ!
ちょうど夕暮れ時だったので、
夕日が当たって、金色にさらに深みが加わり、
黄金って本当はこういう色だったのか~って感心しちゃいます

f0019622_17492868.jpg


んん~、感動の嵐が吹き荒れた一日でした
[PR]
by maemuraheritage | 2007-02-08 17:12 | MYANMAR

2月7日(水) バスを乗り継ぎ12時間

昨日のチャイティ-ヨーパゴタでの感動の余韻を味わいつつ、
バスに乗ってキンプンを後にする

今日は旅始まって以来の、長距離移動日
朝8:30am発のバスに乗る・・・予定でしたが、
いつもの如くバスの出発が遅れ、9:00am発となる
ま、イライラしてもしょうがないので、
30分ぐらいの遅れは許容範囲内としましょう(^^;)

約6時間かけて、ガタガタ道を、ガタガタのバスで疾走し、
首都ヤンゴンに戻ってくる
その後、広~いバスターミナルを
「ピィ?」「ピィ?」「ピィ?」「ピィ?」とヒナ鳥の如く連呼しながら、
何とか乗り継ぎのバスまでたどり着く

空腹しのぎ用の食料(ビスケットとオレンジ)を調達したり、
知ってるバスはないものかと、ターミナル内をうろうろ徘徊して時間をつぶす

ミャンマーを走っているバスの80%ぐらいは日本製の中古車!

なので、『○○観光』とか書いたまんま走っているので、面白い!
例えば「滋賀観光」、「ちとせKANKO」、「九産交通」、「NEW108バス」まで、
日本全国のバスが、まだまだ現役で活躍してました
バスマニアの方がいたら、ぜひミャンマーへ来る事をお勧めしたい(笑)

f0019622_12585780.jpg

f0019622_12591622.jpg


ちなみに、大型バスはほぼ三菱FUSO社製・・・
(↑もしや、リコールされた車体をそのまま送り込んだのでは・・・?)
そんな疑惑を抱きつつ、楽しんでました

バスが出発してからは、大きなトラブルも無く、
6時間後には、無事に「ピィ」に到着

お目当ての宿も空いてて、部屋確保!
座りすぎて痛くなったお尻をさすりながら、
大爆睡の夜でした☆
[PR]
by maemuraheritage | 2007-02-07 21:32 | MYANMAR

2月6日(火) ゴールデンロック

つつつつつつつ、ついにご対面の日がやって来ましたぁ!!

今いるキンプンという町は、山の手にあります
そのため、朝は寒さのあまり目が覚めるという、決してよい目覚めではなかったのですが…
maeのテンションは高いっ!

地元の人達に混じって、トラックの荷台にギュウギュウ詰めにされ、さらに山の上にある『ヤテタウン』という町をめざす

トラックを降り、
小学校時代の「心臓破りの坂」、
中学校時代の「大倉坂&75段階段」、
高校時代の「ロマンチックレーン」を髣髴とさせる急な坂道を、
さらに1時間、ひたすら上ると徐々に近づいてくる…

ゲートをくぐって、靴を脱いでさらに進むと、そこには…

f0019622_1303469.jpg


『チャイティーヨーパゴタ』(ゴールデンロック)の姿が!!!
黄金の大岩が、岩壁の上で絶妙のバランスを保っている姿は圧巻!!

いつだったかは忘れたが、初めてこのパゴタの存在を知った日から、
一生に一回、何が何でもここには行く!と心に誓っていた場所だけに、
感動も言葉にはならない

この大岩は、仏陀の毛髪が奉られている聖なるものとされており、
ミャンマーの中でも聖地として、多くの参拝者がやってくる
また、男性に限り触れることが許されているため、金箔を貼ったり、お経を唱えたりする姿が多く見られた

パゴタそのものの存在感、人々の祈りをささげる姿、響く鐘の音色など、すべてに魅了されて、ただ眺めているだけで、十分幸せな気持ちになれた

約4時間、ただぼんやりと眺めて過ごし、
もう今ここで人生終わっても良いかも・・・ってぐらいに幸福の絶頂感に浸ってました

帰りは未練タラタラ、後ろ髪をひかれつつも、
再びトラックにギュウギュウ詰めにされ、
グネグネの山道を、ジェットコースターの如く猛スピードで下る・・・
トラックの荷台から振り落とされて、死ぬかも・・・って思った瞬間、
『まだここで死にたくないっ』って、心の底から思いました

人間って、ワガママですよね・・・
数十分前には死んでもいいって思ってたはずなのにね(^^;)

え?うちだけ??
[PR]
by maemuraheritage | 2007-02-06 20:58 | MYANMAR

2月5日(月) 未知の国…

早朝3:30AM、ゲストハウスをチェックアウト
眠い目を擦りながら向かうは、空港!
そして、いざミャンマーへ!!(≧▽≦)/

ミャンマーという国は、
muraおじいちゃんが第二次世界大戦中、出兵していた国、
maeが死ぬまでに一度は行ってみたいと思っていた場所がある国…

未知の国だけに、やや緊張もするけど、楽しみの方が何倍も大きい!!

約1時間半のフライトの後、ヤンゴン空港に到着
インフォメーションセンターでタクシーを手配してもらって、バスターミナルへ移動
タクシーには、なぜかmae&muraのほかに自称ガイドさんが乗ってきて、あれやこれやとヤミャンマーのみどころについてアドバイスしてくれる
...が、軽ぅ~くかわして、商談には一切応じず、逆に自称ガイドを利用して 、両替に連れてってもらっちゃいました(笑)

1US$=1,225チャット
100US $=122,500チャット!!
ミャンマーは今、インフレの真っ只中なので、
ものすごい札束が出てきました…

バスターミナルからは、6時間のバス移動
バス移動といっても、半端ナイ、過酷な時間でした...
まず、出発時間になってもバスが来ない...
muraさんが見に行くと、どうやらパンクしている模様
1時間半遅れでやっと出発・・・した途端、
舗装されてないガタガタの道を、スプリングの壊れたバスが100km/時超でガタガタ激走するもんで、おちおち寝ることもできず・・・

途中、30分ぐらいの食事休憩を挟んだり、
運転手と料金徴収係のお兄さんたちがなにやらもめてるな~と思ったら、
突然運転手のお兄さんが、バイクタクシーに乗って何処かにいってしまったりと、
なんとも苦しい6時間でした(ーー;)

一応フォローしておくと、景色はすごく良いです!
地平線が見えそうなぐらいの広大な田畑が広がっていて、
所々に金色のパヤー(仏塔)が建っていて…
とてものどかでしたよ、えぇ景色は

f0019622_1315273.jpg


着いた先は『キンプン』という町
ここは、maeが一生に一回は訪れたいと思っていた場所の麓・・・

明日、いよいよ対面できます!
ドキドキワクワクしながら、就寝です☆
[PR]
by maemuraheritage | 2007-02-05 20:07 | MYANMAR